そもそも漢和辞典って?

漢和辞典(かんわじてん)とは、
漢字、漢語(熟語)の意味を日本語で解説した辞典のことで、
字典という呼び方もあります

多くの書籍の漢和辞典では、
熟語はその第1番目の漢字の項目に記載されています。


有名な漢和辞典

●漢字を五十音順に配列する『字通』(平凡社)、
 >字通 書籍版
 >字通[CDーROM]


●漢字・熟語をすべて五十音順に配列する三省堂五十音引き漢和辞典


日本で最初の『漢和大字典』(三省堂・1903年)は
熟語を末尾の漢字の項目に記載しています。

パソコンで漢和辞典に限らず、
辞典関連を使用する場合に、
目的が決まっている場合の「検索」の便利さは
書籍の比ではありません。
これは書籍よりパソコンのほうが優秀というわけではなく、
パソコンの得意分野を生かした場合に使い方によって
強力なツールとなるという意味です。


パソコンでは逆に「目に留まる」という
書籍ならではのアナログなメリットがなくなることも
考慮しなければなりません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3153297
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック